読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街に出て観よう!

街に出て、コンサート、演劇、歌舞伎、落語などを鑑賞した感想を書いたブログです。

長澤まさみ 初ミュージカル作品 キャバレー観て来ました!(2017年1月)

f:id:machinidetemiyou:20170204092945j:plain

 

長澤まさみの初ミュージカル

 

キャバレー観て来ました!

 

キャバレー(2017年1月)(敬称略)

 

思えば、自宅近くで、長澤まさみ

 

ドラマ、セーラー服と機関銃のロケで

 

長澤まさみ初めてナマで

 

見て以来、ファンとまではいかないが

 

自分にとって気になる女優さんです。

 

その長澤まさみ初めて

 

ミュージカルに挑戦する。

 

行かねば!

 

ただ、初ミュージカルにしては

 

玄人受けするような作品

 

キャバレー

 

映画ファンなら、見てなくても

 

聞いたことがある作品。

 

オズの魔法使いのドロシー役の

 

ジュディ・ガーランドの娘

 

ライザ・ミネリが演じ好評だった

 

ヒットラー統治前の

 

荒廃的で堕落してはいるものの

 

自由があった都市ベルリンにある

 

場末のキャバレーを舞台とした

 

ミュージカル。

 

アカデミー賞8部門を獲得した

 

有名なミュージカルです。

 

ただ、このキャバレー若い時に

 

見たせいか、個人的には

 

全然面白くなかったんです。

 

そして、ブロードウェイキャストで

 

英米人が演じたキャバレーを

 

10年くらい前に観たのですが

 

こっちの方も

 

英語がよくわかなかったせいか

 

面白くなかったのです。

 

正直、自分が脚本家、演出家

 

だったら、敢えてこの作品を

 

長澤まさみの初ミュージカル

 

作品には選ばないと思います。

(他にもっとある)

 

ライザミネリは元々ミュージカル女優で

 

歌と踊りは抜群にうまい。

 

そんな難しそうな作品を自分なら

 

初ミュージカルには選ばないですね。

 

で、何でキャバレーなのか?

 

そんなことも考えながら

 

六本木にある EXシアター六本木まで

 

観に行きました。

 

EXシアター六本木は2回目なのですが

 

1階から入場できず、わざわざ

 

寒空の中2階に上がらされて

 

2階に上がったと思ったら

 

今度は2階から1階へ

 

何でこんな面倒なことするんだと

 

思ったら

 

混雑を緩和するために

 

2階から入るようにさせたようです。

 

やっぱり長澤まさみの初ミュージカルに

 

観客が集まるんですね。

 

会場に入場すると、20分前なのに

 

観客がほぼ着席している。

 

やっぱり、

 

長澤まさみは人気あるんですね。

 

で、感想は?

 

さすがに、日本語でやってるので

 

ストーリーは良くわかりました。(当然)

 

劇団四季出身のMC役の

 

石丸幹事、ピエロ的な役割のため

 

ピエロのように白塗りのメイクで

 

最初誰だかわかりませんでした。

 

劇団四季のメインキャストだけあって

 

歌も踊りもうまかったです。

 

意外だったのが長澤の恋人役の

 

小池徹平、この人声優になれるほど

 

声がいいです。

 

歌手なので当然、歌もうまい。

 

ただ、劇団四季のレベルではない。

 

うまくて、声がいいのですが

 

ミュージカルするには

 

もう少し声量がないと、その点

 

今後はボイストレーニングをして

 

声量があるところを見せてもらいたいです。

 

そして、長澤まさみ

 

背が高く、スタイルがいいし、顔もいい。

(TVでも見てわかるが舞台だと特に際立つ)

 

ちょっとミュージカル鑑賞のアドバイ

 

ミュージカルはよっぽどのいい席じゃ

 

なければ、オペラグラスは必須です

 

オペラグラスを取り出して長澤まさみ

 

見ると

 

アップで観ても舞台映えするのは

 

さすがでした!

 

気になる点は

 

まず歌は低音域がこもる

 

大きな声を出すと、声の質が低下する。

 

中音域は良かったです。

 

次にダンス、ダンスは元々

 

スポーツやってただけあって

 

うまかったです。

 

ただ、ミュージカル女優の方は

 

ダンバレーとかのレッスンも

 

受けているので、縦軸の線が

 

ほとんどブレない。

 

長澤まさみの場合上半身が

 

前のめりになって踊ってしまう。

 

そうすると、見てる側にとっては

 

あまりキレイに見えない。

 

その点が気になりました。

 

まぁミュージカル女優じゃないので

 

そんな厳しいことを言っても仕方ない

 

のですが。

 

で、肝心の内容は?

 

キャバレーという、元々コメディーに

 

なりにくいストーリーを

 

コメディータッチでストーリーを

 

構築したのは、ある意味良かったです。

 

見終わったあと、キャバレーって

 

こんな話だったっけと

 

映画キャバレーのストーリーを

 

調べてみたら、かなり違ってました。

 

長澤まさみのキャバレーの方が

 

ストーリーは面白かったです。

 

長澤まさみさん、三谷幸喜の演劇に

 

主演したり、映画に出たり

 

ミュージカルに挑戦したり

 

本当、多方面の活躍には

 

頭が下がります。

 

今後の活躍に期待しています!

 

長澤まさみお熱いのがお好き

 

やらないかなぁ、できれば

 

三谷幸喜演出で。

 

昔、シュガー役を薬師丸ひろ子

 

やってたけど、長澤まさみの方が

 

合ってると思います。

 

因みに映画お熱いのがお好き

 

でシュガーを演じて

 

たのはマリリン・モンローです。)